2節目の相手になったAFC Bournemouthの愛称は非常に可愛らしいです。赤と黒のユニフォームとチームカラーに由来するその愛称はチェリーズ」(Cherrys)。この試合で、チャンピオンシップの厳しさを僕たちは思い知ることになりました。

AFC Bournemouth supporter

 可愛いチェリーズ女子。

AFC Bournemouth character

 なんだこいつ…

AFC Bournemouth: Allsop, Francis, Cook, Ward, Harte, Fraser, MacDonald, Arter, Pugh, Pitman, Grabban
Subs: Flahavan, Elphick, Surman, O'Kane, McDermott, Thomas, Stockley

Latics: Carson, Boyce, Barnett, Perch, Crainey, Watson, McArthur, McCarthy, Beausejour, Holt, Maloney
Subs: Nicholls, McCann, McClean, Gomez, McManaman, Espinoza, Fortune

 スタメンはこんな感じ。基本的に最近のスタメンですが、先発にはボーセジュールが復帰。マロニーとボーセ、ホルトの3トップで攻撃を仕掛け、マクマナマンとマクリーンを投入して試合の流れをもたらそうという雰囲気が漂います。

 この試合がなんだかんだでチャンピオンシップのウィガンを初観戦となりました。初観戦がチェリーズっていうのはなんか運命的というかなんというか・・・(チェリーだけに)

 25歳で9番を背負う相手のエース、グラッバンの積極的な裏への抜け出しを得意とするチェリーズは非常にチャンピオンシップとしてはまとまった印象を受けるチームで、とにかく1つ1つ出来ることを積み重ねるようなプレーでウィガン攻略をもくろみます。実際イマイチ守備がしっくりきていないウィガンのミスを誘うと、何度もこのグラッバンが裏に抜け出しながらチャンスを作り出します。

 それでもこの試合で輝きを放ったのは新加入のGKスコット・カーソン。鋭い飛び出しで何度もグラッバンを封じ、しっかり最後の砦として守備を引き締めます。髭があんまり綺麗じゃなくて見た目はなんかあれですが、必要な戦力になってくれそうですね。

Scott Carson②

 流石にボールを持つウィガンですが、どうもDFラインと中盤を上手く繋ぐことが出来ず、大きなチャンスはなかなか作り出せません。右サイドバックのボイスさんは積極的に相手アタッカーを封じてサイドの主導権を奪いますが、なかなか効果的な攻撃は出来ません。この辺りが短パンの無能なところなのか、なかなかポゼッションがまだ完成していない印象を受けました。マロニーちゃんもあまりボールを触っていませんでしたし…

 しかし何故かウィガンは新しい武器となったセットプレーで何度かチャンスを作り出します。ガーネット、パーチ、ホルト、ボイス辺りがなだれ込んでいくようなコーナーはウィガンの新たなウェポンになってくれるはずです。

 そして先制はチェリーズ。パーチ(笑)のGKへのパスが弱くてかっさらわれ、そのまま相手のエースであるバラバンに決められてしまいます。パーチさんのウィガン初やらかしによって、ビハインド折り返しになってしまいます。お、おお…やっぱりパーチはパーチだったんだね…

Wigan vs AFC Bournemouth①

 後半は最初からやれよ、ってな感じに中盤のプレスが激しくなってチャンスを作りますが、何故かボーセがボールと関係ないところで相手をうっちゃりしてしまって(白目)、PK。もう訳がわかりませんね!
 
 とはいえ俺たちの良心、カーソンさんがなんとか防いでくれました。残念そこはスコット・カーソン(髭)

 後半にはマクリーンとマクマナマン、フォルトゥネを投入して懸命に同点を狙っていきますが、なんかマクマナマン君が危険なタックルで退場。若さが悪い方向に出てしまいます。クレイニー(ハゲ)とマクリーンで左サイドをなんとか切り崩しにいくものの、強引な攻めには慣れているとでもいうようにしっかりボーンマスに弾き返されて試合終了。
 
 僕が観戦を始めた途端にネタチームになるのやめてくれませんかねえ…いや、チェリーズはもちろん厄介な相手だったんですが、相手をもっと頭を使って嫌がらせるような攻撃を仕掛ければ負けなかったはずです。特にボールをアホみたいにホルトに放り込むバーネットとやらかしたパーチ辺りは、もう少しポゼッションのスタートという意識を持って中盤に繋いでいっていただかないと困りますよ。ローニャとラミスが早く帰ってこないかなあ…

 向こうの指揮官
Eddie Howeさんは32歳から指揮官を始めた35歳の若手指揮官。もしかしたら名前を覚えておくといいかもしれません。プレミアで見る日があるかも…なんかこうシュッとしてるし。IKEMENな感じだし。まあ見た目では勝てないね短パン…試合でも負けたけどさ…

Eddie Howe①


 短パンはレッドに文句を言う以前に、その時点で負けていたことの方をどうにかしてくださいマジで。