Wigan ぱrk

 Wiganは、Christopher Parkの練習場を改装しよりレベルの高いものにすることによってプレミアトップクラスの設備を持ったユース組織を作る計画を昨夜発表した。この練習場は8~16歳の選手たちを対象とするものになる予定である。

 Wiganは、今季終了時から新たなトレーニンググラウンドとトレーニング施設を建造する計画について発表した。フルコートサイズの屋内練習場に加えて、6つの全天候型ピッチ、体育館、ジム、アカデミーの全ての年代が利用することが出来るオフィスなどが建造される予定となっている。

 アカデミーの責任者を務めているジャクソンは次のように述べた。

「我々のクラブがプロとして、そして地方に密着したクラブとして継続的な成長をしていけるかは、育成の魅力に依存している。クラブが優秀な選手を育成することは、地域への大きな貢献となる」

「これらのワクワクさせる計画は、Wiganにとって一流のユースシステムを完成させるためのほんの一部にすぎない」

 Wiganは1995年からChristopher Parkを使っており、昨年Wigan大学から土地を購入した。Wiganが10年以上あたためていた計画はプレミアリーグエリート育成計画(EPPP)の根幹を担うことになるだろう。Wiganはプレミアの育成においても先駆者となる可能性が高い。

 ジャクソンは続ける。

「我々は地方の人々にとって誇りとなれるようなクラブを目指しております。そして、このプロジェクトはおそらくそれを成し遂げるために大きな役割を果たすでしょう。選手の成長を助けるだけでなく、高いレベルの環境を用意することによって」

「こういった施設で、我々は才能溢れる若手を魅了して育てることによって第二のレイトン・ベインズを作り上げることを目指します。彼はWiganのユースからイングランド代表の常連まで上りつめました」

「我々の目的は、ピッチ上でもピッチ外でも素晴らしいクラブとなることです。このステップは我々の成長にとって大きな一歩になるでしょうし、向いている方向も正しいと確信しています」

 プレミア有数の育成組織も夢では無くなってきた感があります。実際、カラム・マクマナマンとリー・ニコラスはWiganユースから年代別代表に選ばれた初めての選手になりましたし、現在ユースコーチを務めているメンバーも非常に豪華です。こういった取り組みをしていくことによって土壌が生まれてくれば、より継続的な成長が見込めるでしょう。アカデミーは寄せ集めればいいという訳ではないことは歴史が証明していますし、環境を整備して地域から選手を育てていくことで育成クラブになってみたいものです。

 いつか、Wiganユース出身者が代表に数人に並ぶ夢を・・・www