Angelo-Henriquez

 Wiganは、マンチェスター・ユナイテッドに今季加入したチリ人ストライカ―、18歳のアンジェロ・エンリケスのレンタルに興味を示している。マルティネス監督は、同胞であるボーセジュールもいる事で彼がWiganで大きく成長出来て、チームにとっても大きな戦力となってくれる事を期待しているようだ。ホンジュラス代表、ロジャー・エスピオナーサに続く2人目となる冬の補強におけるターゲットになる。

jpg-large

  Wiganの指揮官ロベルト・マルティネスは、この若きチリ人ストライカ―への興味をDaily Mirrorに語った。

「彼は非常に優秀な得点感覚を持っている選手だ。ウニベルシダ・チリにおいて、彼はその得点能力を示した。イングランドでもきっと素晴らしい結果を残すことが出来るだろう」

「また、マンチェスター・ユナイテッドにとっても恐らく重要な選手になれるはずだ。我々は、エンリケスと共に働くことになれば嬉しいし、彼にとってWiganがこのリーグに馴染むための経験になればいいと願っている。トム・クレバリーのように、大きく羽ばたいていくためにWiganで経験を積んで欲しいね」

 ユナイテッドのチートな前線で出番が貰えていないエンリケスのレンタルは非常に面白いですね。近年のユナイテッドの若手FWを見る目は非常に確かですし。ウェルベック、チチャリート、マメ・ビラフ・ディウフといった選手たちは十分に優秀でしたし期待出来ます。

 身長が低く、小回りが利くタイプのFWは現在前線にはいませんし、彼の活躍が若手にも火をつけてくれることを期待しています。ただ、この移籍は宮市への失望も含まれている感じを少し受けるのは残念なところです。本来前線として期待されていたはずなので…

 「エンリケスはウィガンが育てた」って誇れるくらいの選手になって欲しいですね!