ウィガンはしょうかくできますか?

「家族のようなクラブ」という哲学を持つ、 イギリスの片田舎にあるクラブであるウィガン・アスレティックのファンが、
公式やらゴシップやらの和訳を気まぐれに書きつづるただそれだけのブログ。たまに、Wigan以外のコラムとかの訳も。
チームの愛称はLATICSです。
WE LOVE LATICS! WE BELIEVE OUR GAFFER AND CHAIRMAN! LET'S GO! さあ!ヨーロッパとチャンピオンシップに乗り込むぞ!

2013年06月

 先ほど、Wiganのデイビッド・ウィーラン会長が12か月契約でオーウェン・コイルと基本合意を発表いたしました。以下、会長のコメントとなっております。

owen coyle①

owen coyle②


「オーウェン・コイルが志願者の中で、プレミアに戻ることを考えたらベストな選択だと信じております」 

「私が全て正しい選択をしているという気はない。ファンにはただ信じて、全てを祈ってもらうしかない時もある」 
「8人から10人の選手が足りていない。さっそく明日の朝からコイルには全力で働いてもらわないとならない」

 正直短パンくらいしか良いイメージがないというか。。。パスサッカー信者で、ボルトンを一時躍進させたもののスチュワート・ホールデン君の怪我を境にパスサッカーも崩壊して、単調なサッカーに終始して降格。特に守備の甘さに悪いイメージが残るところではあります。 
 
 降格後もボルトンを率いるものの、チャンピオンシップでも不調に苦しんでクビになってしまったと。若手育成には定評がある監督で、46歳という年齢も魅力的ではあるんだが…いかんせんボルトンでの後半戦のイメージがよろしくないというのが難しいところ。 とはいえ、信頼のスコットランド、ペイズリーブランドの指揮官ではあります。

 浸透したマルティネスのパスサッカーを継続する路線には進んでいけるかもしれないので、後は守備強化面に誰かしら優秀な副官を欲しいところ。ユナイテッドの噂になったオランダの人とかどうよ…

owen coyle③


 こう、個人的にはマクラーレンよりはいいか。という絶妙な感じです。 まあ、もう決まってしまったので応援するしかありません。頑張れコイル、ボルトンから教え子を連れてくるのでしょうか。宮市君大好きな監督ではあったので、もしかしたら宮市君を残留させる方向に動いていくかもしれませんね。マルティネスとも関係は悪くありませんでしたし、特にファイヴィー君、レドモンド君辺りを覚醒させてくれたら嬉しいです。

 12か月契約のお試し感、ということでコイルも頑張ってここで名を挙げてくださいな。 

 Wiganで何度もグレートエスケープを成し遂げたスペイン人若手監督、ロベルト・マルティネスは降格に伴って強豪エバートンに去っていくことになりました。手腕が評価されたことは素晴らしいことですし、僕らには暖かく送り出すことしか出来ません。

martinez-whelan_1916670c


「プレイヤーとして、監督として…10年を過ごした私にとってWiganは特別な場所だ」

「イングランドへの扉を開いてくれたWiganには感謝しているし、ここを去ることになっても私はWiganファンの1人だ」

「ファンと私は同じ感覚を持っていると信じている…。私が彼らと過ごした時間は本当に素晴らしい時間だった」

「一度Wiganファミリーに入ったら、もう一生離れられないよ」

「4年間私がWiganというチームの中で過ごしてきた中で、成し遂げた最大のものだと感じているものはフットボールの哲学を浸透させたことだ。我々は明確な哲学に基づいてプレー出来るようになったのだから」

「Wiganを観るサポーターたちが、期待するフットボールを作ることが出来た。これが4年前と大きく変わった点だと思うよ」

「FAカップの獲得は、まさに強烈な哲学が導いたものだったし満足している。確かに昨シーズンは多くの怪我によって我々は苦しんだが、ファンが楽しめるスタイルを選手たちが一生懸命形にしてくれたことは嬉しかったよ」

「10年、15年前にはマンチェスター・ユナイテッドやリバプールと対戦することなんて夢に過ぎなかった。しかし、我々はマンチェスター・ユナイテッド、リバプール、アーセナルといったビッククラブ相手に初勝利を積み重ねたんだ」

「そして、我々がずっと探し求めた若手を育成するクラブへの道をWiganはしっかりと進みつつある。しっかりとした財政的サポートもあるし、未来は明るいはずだよ。結局、私の中の強い感情は1つとしてWiganの記憶を薄れさせることはないだろう。永遠にだ。」

Martinez


 FAカップという素敵な置き土産を残してくれた笑顔の似合う指揮官の未来に幸運がありますように。そして、今夜決まる監督が誰であってもロベルト・マルティネスという偉大な指揮官のチームをしっかりと高い次元に導いてくれることを祈っております。

このページのトップヘ