Vs West Ham ①




 Capital One Cupにおいて、マウロ・ボセッリがその才能の片鱗を見せた。600万ポンドという多額の移籍金で2年前にWiganの一員となったボセッリは、たった14試合の出場とわずか2ゴールの活躍しかできずにレンタルに出されていた。

 エスティディアンテスで、エースを張っていたこのストライカーは火曜の夜に輝きを放った。特に、華麗なループで決めた2点目は存分にクオリティを見せつけるものだった。

 Wiganは先制されながらも、14分に近距離からのボセッリのシュートで追いつき、宮市のアシストからラミスがミドルを突き刺して2点目を奪った。さらにボセッリが美しいループで3点目。後半目を覚まして積極的になったWest Hamに対し、マッカーサーがエリア内で倒されたPKをジョルディ・ゴメスが決めて勝負を決めた。

 以下、マルティネス監督のインタビュー

「スターターを大きく入れ替えたことによって、連携に時間がかかるかと思っていたのでとても満足している。このような、トーナメントでの序盤の試合はハイペースな撃ち合いになりやすい。ウエストハムに先制されたのは、悪い始まりになる可能性もあった」

「しかし、その後の反応は素晴らしかった。プレッシャーをうまくいなしながら、鋭いフットボールを見せつけた。個々の選手たちはクオリティを存分に発揮した。マウロ・ボセッリは得点に値するプレーをしていたし、彼のゴールでチームが勢いづいた」

「得点は、彼にとってとても重要だ。何故なら彼は、点取り屋だからね。それに加え、シーズン開幕から彼はキレのある状態を保っている。彼のような状態の選手がチームを大きく底上げすりことになるだろう」

「Callum McManamanは、既にトップチームでやれる準備は整っていることを私に見せてくれた。リョー・ミヤイチはWiganの練習での成長を見せてくれているし、David Jonesは中盤の底で組んだマッカーサーとの連携でアピールした」

「週末のは無惨な敗戦だったのもあって、ピッチにいるプレイヤーたちが責任感を示したことが、とても嬉しいね。特にゴール前で、選手たちは驚異的だった。プレーを待ち望んでいた選手たちが、Nottingham Forest戦に続いて結果を出したことによってレギュラーの奪い合いは激しくなる」

「今季、まだウエストハムが負けていなかったホームで結果を出したのも、忘れてはならない。我々にとって、全てに満足できる夜だった」

「多くのファンが、アウェイまで来てくれて素晴らしい気持ちだ。我々は、ウォームアップに出てきたときに彼らを確認して試合前から嬉しい気持ちになったよ。早い時間に失点した後も、声援が選手を後押ししたからいい結果に結びついたのさ」

「彼らが素晴らしい気分で、安全に家まで帰ってくれることを望んでいる。是非、次の試合の組み分けも楽しんで欲しい」

「イヴァンはキャプテンシーがあり、キャリア全盛期にWiganに来てくれた。沢山のチームからのオファーを断ってWiganを選んでくれた彼が、毎試合毎試合グングン成長しているのを見るのは楽しいよ」

「マウロが少し、足に違和感を訴えたのでFilipをデビューさせたよ。U21では、いいプレーをしていたしトップに出場できる準備は出来ていたみたいだったからね。そして、彼の起用は準備が出来ていれば若手でもドンドン引き上げるという私のメッセージだ」

「ユースで若者が努力することは良いことだ。もし、彼らが学び続けて正しい態度を取っていれば、将来彼らにも必ずチャンスがやってくるよ」

 とにかく、いい事ずくめでしたね。志願してまでU21でアピールを続けた「苦労人のストライカー」、マウロ・ボセッリの爆発に加えて若手である宮市、マクマナマン君の躍動。フィリップ・オルソナ君もデビューを飾りました。この3人が、どんどん前線を脅かしてレギュラーに危機感を与えて欲しいものです。それはレギュラーの成長にも繋がるでしょうし。後は、デイビッド・ジョーンズに中盤の3番手として定着して欲しいですね。

 いつもファンへの気遣いを忘れない上に、ユースにもしっかり刺激を与える発言をするマルティネス監督は流石だと思います。本当にWiganのいいお父さん役ですね。ユースメンバーも、オルソナ君やマクマナマン君に負けずに活躍してチャンスを貰ってほしいです。動画は、ハイライトなかったからマルティネス監督のインタビューwww