Victor Moses⑦

 モーゼスは、クリスタルパレスのアカデミーで素晴らしい記録を作った。50ゴールを超える得点を決めて10点はデビュー戦で決めた。ファンは、モーゼスはプロになってより多くの人間を魅了し、多くの新聞で見出しを飾るだろうと予想した。モーゼスは驚異的な才能を持っているが、しかし彼の出生は、驚くべき多くの問題を抱えていました。

 彼はナイジェリアに生まれた。しかし、両親を失ってしまい、不確かな環境にあった。彼はイギリスに養子として定住することになった後も、公式には亡命希望者として扱われていた。10月にあったフットボールツアーの時、学校は法的な地位のためにテストしなければならなかった。

 モーゼスは、Stanley technical high schoolという州立高校に通うことになった。彼のフットボール技術は、パレスのスカウトによって地元の公園で見つかった。クリスタル・パレスは国で2番目に裕福な学校であるWhitgiftに入学することを勧めた。1200人の男子生徒が、45パーセントの授業料を援助してもらっていた。

 多くの称賛を受けても、彼は地に足をつけている。

「私は、プロになるためにもっと努力を続けていかなければならない。しかし、今はゴールを決め続けてチームを勝利に導いていきたい」

「私はジネディーヌ・ジダンとフランク・ランパードが大好きです。彼らは、とてもテクニックがあって遠距離からシュートを撃つことが出来る」

「点を取ることは素晴らしいことです。僕のチームメイトは良い選手ばかりで僕を助けてくれます。しかし、対戦相手は僕に激しくタックルを仕掛けたいとだけ考えている」

 以前、アーセナルとチェルシーでプレーしたColin Patesは、モーゼスはプロとして成功することが出来ると信じている。

「彼は、完成品からは程遠い。しかし、私が見た中で最も才能があるストライカーであることには疑いはない」

「称賛すべき点は、彼が偉大な態度を持っているということだ。彼の足は地についており、控え目で冷静です。彼はすでにプロとしての態度を持っている。もし、4点を決めても1点分のシュートミスをしたら彼はそれをずっと覚えている。彼が厳しい練習を積めば、才能がそれを生かしてくれるだろう」

 2005年の5月20日、ガーディアンの記事です。Chelsea好きのフォロワーさんが、呟いていた記事を和訳してみました。両親を亡くして、イングランドにやってきたんですね。そこまでは知りませんでした、そしてモーゼスは14歳の時から注目されていたんですね。Chelseaでも頑張るんだよ!涙